キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

2009 年 8 月のアーカイブ

居酒屋んナイト

2009年08月31日(月)

軽井沢で開催中の「Cu-Cal」。

一晩だけ、テラス席が居酒屋になりました。

都内の「ザ・居酒屋」、赤坂「湊」、西麻布「葡呑」の中湊さんや白金「酒玉」の伊澤さんが

軽井沢まで出張。

s-r0015315

屋外に焼き鳥はよく合いますね。

s-r0015314

僕も徳島「丸浅苑」湯浅さんからいただいた、噂の「チイタケ」と「濃熟しいたけ」を持参。

信州野菜と牛肉・・・旨そうでしょ?

s-r0015305

薄シェフに焼いていただきました。

薄さん、今夜はイタリアンから焼きものの専門家に。

s-r0015307

もちろん「シェフズ・テーブル」もいつものように開かれていますが、この煙・・・

燻し出されるように出ていらっしゃったのが、長崎からいらっしゃった上柿元勝シェフ

アラン・シャペルなどで修業され、神戸のアラン・シャペルの立ち上げで帰国、

長崎ハウステンボスの迎賓館で総料理長をされていたこともある名シェフです。

今は長崎市内でパティスリーを経営されたり、豪華客船のシェフに入られたり、

NHKの「きょうの料理」にも出演されたり・・・。

「一緒に写真ば、撮りまっしょ」ということで。

s-r0015310

上柿元さんのシェフズ・テーブルも満席。

かつてハウステンボスで結婚式を挙げられた方や世界クルーズでご一緒された皆さんが

駆けつけて、久しぶりにシェフの料理と語らいを楽しまれます。

これだけのシェフが全国から駆けつける「Cu-Cal」。

そのソフト力は見事です。

プロデューサーの建築家、西森さんや、飲料の仕切り役、勝山さん、

「オトナの力」ですね。

ということで4人で記念撮影。

s-r0015312

帰りがけに上柿元シェフから

「今夜、皆さんにお出しするスモーク・サーモン、持って帰って、宮川さんのお客さんに

食べてもらって」

厚めのサーモン、「ワインバー みや川」でも大好評でした。

s-r0015313

さりげないけれど、深ーい「Cu-Cal」・・・さすがです。

クーカルへ行こう!

2009年08月26日(水)

軽井沢で開催中の食のイベント「クーカル」。

今日は僕が勝手に宣伝部長を名乗っている恵比寿のフランス料理「マッシュルーム」、

山岡昌治さんの料理です。

s-r0015270

山岡さんと言えば「キノコ」。

珍しい食材が調理を待っています。

s-r0015271

スタッフの夏休みと息抜きを兼ねて・・・と思いきや、真剣勝負。

連日、名シェフが続々と登場される「クーカル」、リラックスした時間の中にも自分らしさを皿の中に

どう表現されるか、やはり料理人魂はメラメラですね。

s-r0015275

山岡シェフのごあいさつ。

信州の素材を活かし、普段と違った厨房の中、シェフにとっても、なかなか興味深いイベントのよう

です。

s-r0015279

「ハナビラ茸のパルメザン焼き マグレ鴨の自家燻製 胡桃ソース」

山岡さんがよく使われるハナビラ茸、鴨の燻製との相性が抜群です。

s-r0015280

「鮎と夏トリュフのムース 白桃添え ミントのクーリ」

この季節ならでは、鮎の皮まで、全てを素材にしています。

これらの器も協賛各社の提供。

まるで川の流れのようですね。

いつもと違う盛り合わせで、料理の味も変わってくるような気がするので不思議です。

s-r0015282

ワインは元「カンテサンス」の吉田ソムリエのサービス。

プロにおまかせして、ゆくっくりマリアージュを楽しみます。

コースの流れに5、6種類のワインで5000円。

s-r0015281

「信州地野菜とこだわりキノコのサラダ アンチョビ風味のセロリドレッシング」

信州野菜、いいですね。

その内、「野菜マルシェ」にも登場するでしょう。

s-r0015285

「黄金シャモと高原キャベツ、オオナメコのスパイス煮込み、アボカドクリーム」

これは面白い組み合わせ、スパイス煮込みがキーかな?

s-r0015286

「セップをナッペした信州和牛のグラティネ バルサミコのクーリ 小布施丸茄子添え」

肉が柔らかく仕上がりましたね。

これも絶品。

丸茄子の味付け、憶えておこう!

「完熟西瓜とホワイトチョコ、レモンムースのタルト 牛乳のソルベ」は、

西瓜の美味しさをそのまま挟み込んで・・・

その写真を撮り忘れるほど、ワインをいただき・・・

s-r0015290

「ミニャルディーズ」

バナナとブルーベリーのフィロ包み揚げ、 アングレーズソース。

s-r00152881

ここでサプライス!!

皆さんから「ハッピーバースデー」の合唱。

僕の誕生日なんです。

ちゃんと憶えててくださって・・・宣伝部長、やってて良かったあ!

s-r0015284

軽井沢の空気のせいか、料理も一段と美味しく感じられる「クーカル」。

料理のコース終盤で、いつものスタッフにも余裕が。

目の前でシェフのお話を伺いながらいただける、この企画。

年々、人気が出てくるのも納得。

今年は河口湖、さらに奈良へと広がっています。

皆さんも、お気に入りのシェフの料理を軽井沢で召し上がってみては?

s-r0015272

週末の軽井沢

2009年08月25日(火)

土曜日は自由が丘ワインスクール校長の永野寿子さんとのジョイント、

異業種交流の会、M.H.Jの第二回ワイン会を軽井沢の「ワインバーみや川」で

開いていただきました。

軽井沢ではやはり屋外での食事が一番。

お隣の店「べこ八」さんの「焼きしゃぶ」を召し上がっていただきました。

s-r0015266

この空気感がいいんですね。

シャンパンや今回もおいでいただいた渡辺さんのイネス株式会社が輸入されたイタリアワイン。

皆さん、たっぷり飲んでいかれました。

なにしろ午後3時に始まり・・・・・・

飲んで、歌って(僕だけ?)、UCLAからの留学生ケイさんのヴァイオリンの素晴らしさに

酔いしれ・・・解散が午後9時!

皆さん、ワインに強い方ばかり!

s-r00152671

信州野菜をたっぷりの「焼きしゃぶ」

軽井沢名物になってきました。

みなさんも、いかが?

気になる青果店

2009年08月19日(水)

軽井沢の旧軽銀座の入り口にいつも人だかりができている八百屋さんがあります。

「白石青果店」

s-r0015256

信州は日本の代表的な野菜産地。

白石さんのおばあちゃんが仕切る店頭には元気の良い野菜や果物がいっぱいです。

s-r0015259

色鮮やかなトマト。

s-r0015258

枝豆も勢いがありますね。

えだまめん」さんが手を伸ばしたくなるくらい・・・ぷくぷく。

s-r0015260

これは・・・またたび!

猫にまたたび(笑)

昔、股旅がこれを食べて、精をつけ「また旅に」ということで「またたび」と呼ばれることに?

今は走りで、これからいっぱい出てくるそうです。

灰汁抜きした後、てんぷらにしていただくと、男性は「むくむく」だそうですよ!?

s-r0015262

こんな活きの良い野菜、「野菜マルシェ」で皆さんに、お届けできるといいですね。

s-r0015257

視聴者は見た!

2009年08月13日(木)

夏休み、旧軽井沢銀座の商業施設、チャーチストリートに出かけました、

沢山、飲食店があり、看板が林立していました。

s-r0015238

その中に、あの宮川さんの看板を発見!

何と、ハヤシライスを持って作り笑いをしています。

s-r0015239

そう言えば10数年前は、北野たけしさんのカレーや梅宮辰夫さんの漬物屋、

色々なタレントショップがありました。

今はそんな商法は流行らないと思います。

宮川さんの店は大丈夫なのでしょうか?

聞くところによると、限定15皿ですぐに売り切れてしまったそうです。

「軽井沢ハヤシライス」、本当に美味しいのでしょうか?

一視聴者より


ページの先頭へ