キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

2010 年 8 月のアーカイブ

軽井沢、9月もやります!!

2010年08月30日(月)

今年は猛暑のせいか、軽井沢にはたくさんの観光客がいらっしゃいます。

お陰様で「ワインバー みや川」の営業も好調。

ランチタイムの学生さん達も「完売御礼」が続いてご機嫌です。

s-img_7326

この日は僕の誕生日。

ご近所の常連さん、お友達が皆さんで花束をプレゼントしてくださいました。

お花屋さんが僕のイメージで作ってくださったそうです。

グリーン・・・ベジタブル、やさいな感じかな?

s-img_7335

夜はバースデーパーティー。

鰻の「一期一会」さんが場所を提供してくださいました。

皆さんで、何やら準備を・・・

s-img_7336

バースデーケーキ・・・長いローソクが6本に短いのが3本!

このケーキが、一押し!軽井沢駅北口前の「ラ・ティエ」さんのもの。

肌理細かくて、ふわふわで・・・美味しい!!

s-img_7339

かつて「世界バリバリバリュー」で画面上では共演している「ストーン・マーケット」中村社長が

プロデュースされたフランチャコルタ「ブリランテ クリスタル ブリュット」(4800円)、

ちょうど、この日に届きました。

すっきりした美味しさ、日本のイタリア料理店に是非置いていただきたい1本です。

s-img_7323

先日、僕の店で「一期一会」の志倉さんに料理していただいた「白レバー」ですが、

火力不足で納得いかなかったとか。

今日はご自分の店ですから、こんな仕上がり。

「まるでフォアグラみたい!」

s-img_7340

仕上げは、もちろん、一時間前に予約しないと食べられない!「鰻重」。

s-img_7342

昨年のワイン・バー開店時から、一度おいでいただきたかったのが桑名正博さん。

昨年は3回すれ違い、今年も1回。

今日はばっちりタイミングが合いました。

それもその筈、食事をされていたのが「一期一会」さんだったのです。

「うなぎを食べてから行きます」というメール。

「・・・うなぎ、どこだろう?」

志倉さん自ら、店にお連れくださいました。

いつまでも「ワル」を忘れない二人!?

僕、桑名さんにかかると迫力無し!

s-img_7348

桑名さんと言えば大阪の島田紳助さんのフォーク・バーで飛び入りされ、午前2時まで、

臨時出演!

その時、ご一緒に飲んで以来です。

桑名さん、お酒が大分入ってきました。

そろそろ・・・

「ギター、僕のがありますが、何か1曲お願いしますよ」

「酔っ払って、歌詞、忘れたけどなあ」と言いながらもギターを。

お店のお客様も大喜び。

夜11時、灯りが半分消えた軽井沢の商業施設のテラス、

桑名正博さんが弾き歌う・・・「月のあかり」

良いなあ・・・

s-img_7349

「そうだ、宮川さんはまだ家に来てもらってないなあ、これからどう?」

是非、是非・・・

まあ、その別荘の素敵なこと!

そして午前2時まで語り、弾き、歌い・・・

飲む酒は・・・「月のあかり

s-img_7345

軽井沢をそろり食べ歩き

2010年08月23日(月)

軽井沢に長くいると食事に困ります。

ランチ・タイムの山を越えたところで、店を学生さんたちにおまかせして、オーナーは食べ歩き。

こちらは、予約をしていないと、1時間待たなければならない、「一期一会」の鰻重。

s-img_7305

「一期一会」

電話0267-42-1048

s-img_7310

オーナーの志倉久之さんのモットーは毎日食べられる鰻料理。

お店はホテル「フィレンツェ」の1階にありますが、ホテルの入り口には、

「毎日がウナギの日」という看板。

s-img_7304

食べて納得。

白焼きの後、1時間蒸し、タレを付けて焼いて仕上がりです。

だから、1時間以上前に要予約。

しっかりした味付けなのに、あっさり・・・これは、毎日いただけます。

3日連続でいらっしゃる年配の方もあるそうです。

s-img_7309

さすが軽井沢、旧○○藩主の家系のお客様が別荘からお出かけになっていました。

身体付きも昨年よりパワーアップした志倉さん。

先日は僕のワイン・バーに白レバーを持ってこられ、ご自分で調理して、ワインと合わせて

くださいました。

今度は僕がワインを持って、押しかけよう!

軽井沢フレンチ

2010年08月21日(土)

軽井沢には別荘族の肥えた舌を満足させる名店が幾つもあります。

フランス料理の「ベルクール」もその1つ。

繊細な料理、森の中の佇まい、こなれたサービス・・・避暑地の魅力溢れるお店です。

s-img_7292

東京からのお客様とご一緒にランチをいただきました。

この季節、お奨めはテラス席です。

深い木立の精気をいただきながらのシャンパーニュ・・・都会では味わうことのできない贅沢!

s-img_7289

前菜には信州の素材がいっぱい。

s-img_7282

フォアグラのジュレを選ばれたお客様の皿も撮らせていただきました。

シェフの木村好男さんはフランスの三ツ星「コートドール」などで修業され、

帰国後、芝公園の「クレッセント」で副料理長をされていました。

見た目も味も素晴らしい料理を作られます。

s-img_7281

この冷製コーンスープは絶品です。

僕も大好きな、生でも食べられる「未来」という品種のトウモロコシ。

爽やかな味わい・・・都内のシェフにも是非、使っていただきたい素材です。

s-img_7283

メインは新潟産の「のどぐろ」。

s-img_7284

デザートのスフレ。

メレンゲを使った口の中で溶けるアイス。

白桃の上に、ほわっと・・・美味しいに決まっています!

s-img_7286

3人では食べきれないくらいのスイーツ、ハーブティーとともにいただきます。

s-img_7291

「今しか、ここしか、あなたしか」

「ベルクール」は三拍子揃った軽井沢フレンチです。

信州の素材に惹かれたシェフ・・・「皿の上の物語」で是非、取材していただきたいお店。

もちろんリポーターは僕で!

s-img_7293

軽井沢の日々

2010年08月19日(木)

ブログが夏休みに入っているのは、僕がほとんど軽井沢に行っているから。

「ワインバー みや川」

昼間、慶應義塾の学生さんたちにお願いしているランチの売れ行きが好調です。

僕もチャーチストリートの入り口で、お客さんの呼び込みをしていますので、

こんなに日焼けしてしまいました。

s-img_7302

観光客の皆さんは、僕が「ランチ、いかがですか?」と声をかけるとビックリされます。

「いっしょに写真を撮ってください」という方もたくさん。

「何故、ここにいらっしゃるのですか?」

「この2階でワイン・バーをやっていまして」

そこにすかさず美人女子大生が、

「宮川さんのお店です。昼はランチをやっています。どうぞ!」

見事な連携プレー?

いやいや、自分をダシに客引きするなんて・・・なんという悪徳オーナーなんでしょう!(笑)

s-img_7276

軽井沢で最近、行きつけになったのが、カレーパンの店「fri fritto」

旧軽井沢ロータリーにあります。

s-img_7277

信州ハーブ鶏を使ったスパイシー・カレー・パン。

揚げたてのホクホク。

朝、寄宿先から、ここに立ち寄り、牛乳をすすりながらパクつくと最高!

s-img_7200

今日は、学生さん達に、

「これくらい美味しいものを作るように!」と、試食してもらいました。

実は、このお店、夜はワイン・バーなんです。

商売仇?

いえいえ、「夜のお客様は少ないですねえ」と、慰めあう仲(笑)

s-img_7278

僕と違って、オーナーは立派なシェフ。

料理とワインが格安で楽しめるお店です。

このカレーパン、軽井沢名物として、行列の出来る店にしたいものです。

ホント、美味しいですから!

s-img_7201

夜、店を閉めて、寄宿先への帰り道、いくつか、関所があります。

まず、「sin」というスナック。

s-img_7313

常連さんの誰かがここで飲んでいますので、捉らないように、そろりと・・・

小腹が空いた時はマスター得意のお好み焼きをいただきますが。

s-img_7314

「sin」を無事?通過すると、その先に「ファミーユ」が待ち受けています。

s-img_7271

ここは、皆さん、道路に椅子を持ち出して飲んでいらっしゃるので、避けて通ることができません。

店員さんは多国籍!

「宮川さん、飲んでいきなよ」

あーあ・・・

まあ、嫌いではないので、ついつい腰を下ろし・・・

s-img_7270

こうして、軽井沢の夜は更けていきます。

幸福脳

2010年08月09日(月)

土曜日曜は軽井沢でハワイアン三昧。

東京からハーラウ フラ オ ラウアエの皆さんが来てくださって、

僕の大学時代からのバンド仲間のギター応援もあり、計9ステージ!

理解ある、ご主人さん達も一緒にPA準備、撤収、写真撮影のお手伝いも。

夜は「ワイン・バー みや川」で、メレフラ・・・飲んで歌って踊って・・・

午前零時に全館消燈・・・寸前の脱出!!

s-r0016433

日曜は聖パウロ教会のチャリティ・コンサートでも2曲、僕が歌い、フラの皆さんが踊り・・・

ビールでカンパーイ!

急いで、帰京。

石田純一さんと東尾理子さんの結婚パーティーへ。

s-r0016451

たくさんの人に祝福され、石田さん、こんな幸せな顔。

s-r00164352

皆がカメラマン状態、石田さん夫妻がステージに上がられます。

僕も望遠レンズの無い初代GRデジタルで精一杯、腕を伸ばしていると・・・サプライズ!!

「それでは、乾杯の音頭は・・・宮川俊二さんにお願いしまーす」

エエーッ!僕??

だったら、事前に言っておいてよお!

でも、そこは勢い!

「石田さん、この素敵な理子さんとの結婚を、最後にして下さいね!お二人にカンパーイ!!」

(僕がカンパーイと叫んでいる写真、撮られたかたは送ってくださいね)

s-r0016438

ケーキはゴルフボールをかたどって・・・

ナイフはアイアンのクラブ。

s-r0016457

芸能界、スポーツ界・・・まあ、華やかなパーティですねえ。

s-r0016445

ワインは結婚式を挙げられたナパにちなんで・・・あれ?CH.igaitakahaだあ!

s-r00164441

他にお客様がいらっしゃらない麻布十番の「カリフォルニア・ワイン・ガーデン(CWG)」で、

たまたま石田さんと2人きりになり、しみじみ飲んだことは以前ご紹介しました。

石田さんと理子さんはCWGがお気に入りで、その後もよくいらっしゃるようです。

(友人から、時々、石田さんがいらっしゃるという密告メール!があります)

そのCWGのオーナーが造るワインをパーティーで使ってくださったのです。

こんなところが、石田さんのニクイところ、皆さんに愛される所以です。

s-s-r0016464

パーティーのお土産は、石田さんの特製ヨーロピアン・チキン・カレーに、

お二人のイニシャル入りタオル、

そして、『茂木先生が石田純一の「幸福脳」を解剖したら』という本。

石田さんの脳を茂木健一郎さんが「科学」されたもの。

恋愛、結婚、人生・・・石田さんのポジティブ・シンキング、参考になります。

56歳でこんなに無邪気に(失礼)喜びを表せる人って・・・

s-r0016443

皆が幸せな気分になる、素敵な夜。

石田純一さんの「幸福脳」に学びましょう!


ページの先頭へ