キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

2011 年 10 月のアーカイブ

やっぱり美味しい「わさ」

2011年10月12日(水)

「食べログ」で中華部門の1位になったことのある目黒区八雲の「わさ」。

相変わらず人気で予約がいっぱい。

久しぶりに出かけて、改めて人気を実感。

しかも、安い!

4人でこれだけ食べて、飲んで、1人1万円なんですから!

先ずは定番の2品。

 

s-pa0403091

 

s-pa040311

 

「わさ」の餃子は絶品です。

s-pa040312

 

松茸の春巻き。

ホクホクッ!

 

s-pa040313

 

柿と辛子が不思議に合うんですね!

 

s-pa040314

 

久しぶりの山下さん、少しスリムに。

「儲かって仕方ないんでしょ?」

「とんでもないこと」などと。

イケメンのアシスタントが入り、少し楽になったかな?

s-pa040315

 

オジさんには辛くてむせ返ったのですが、辛味好きには堪らないようです。

 

s-pa040319

 

奥の皿のサラダをまぶしていただきます。

 

s-pa040320

 

シャンパンからアルザスのマルセルダイスに切り替え、ワインで優しく包んでもらいました。

s-pa040321

 

肉食系の若者は、まだまだイケます。

 

s-pa040322

 

締めは炒飯も良し、麺もまた・・・。

 

s-pa040323

s-pa040324

 

デザートも2種類。

 

s-pa040325

 

s-pa040327

 

やっぱり「わさ」は、美味しい!

予約が取りにくいわけですね。

やっぱりスゴイ『萬来園』!

2011年10月11日(火)

食通の皆さんの間で「東京一の中華」ではないかという大井町『萬来園』。

1回目に伺った時、4つの驚きを書かせていただきました。

大井町? 普通のラーメン店みたい! すごく美味しい! 高い!

 

s-pa010262

 

今回は10人の貸し切り。

こんな形が多いので、なかなか予約が取れません。

今回も料理には唸ってしまい、お値段にも・・・(笑)

何しろ、普通のラーメン屋さんみたいなカウンターで2万5千円なんですから。

でも、使われている食材、キレのある味わいを思えば、これはむしろ「安い」というべきでしょう。

定番の、まこもだけの肉包み。

 

s-pa010267

 

「ほーら、オマール海老だよ」と、ご主人の中野昭吾さん。

食材を選び、料理法もいくつかの提案の中から・・・多数決で、締めの麺に使っていただくことに。

 

s-pa010263

 

牡蠣フライも、普通のようで普通の味ではありません。

香菜の使い方が、すごく好きです。

 

s-pa010282

 

「黄ハタだよ。どう料理しようか?」

 

s-pa010260

 

「ほーら、こんなのでどうだい?」

 

s-pa010285

 

今回は山口の酒「獺祭(だっさい)」と『萬来園』のマリアージュ、というテーマでした。

造り手の旭酒造、桜井社長も上京され、酒造り、マーケティングなど興味深いお話を伺いました。

今やアメリカ、フランスのミシュラン星付きレストランでも評判の大吟醸。

精米率2割3分と3割9分を飲み比べます。

さらっとした飲み口が中華とぴったりマリアージュ!

 

s-pa010257

 

スッポンは鍋仕立てに。

これは堪りません!

 

s-pa010286

 

締めの麺にオマール海老。

こんな贅沢な焼きそば?は初めて!

 

s-pa010293

 

今回、初参加のメンバーがカウンターの中を指差し「アッ、上海蟹がある!」

「フグもあるよ」と親父さん。

幹事のOさんが、こそっと「あらかじめ女将さんに予算を言ってあります。今夜はフグ、上海蟹は無しです」

当夜、僕達は14品いただいて料理代が2万数千円。

前夜のグループは25品も召し上がったのだとか、お支払いは?

僕も財布の心配なく、親父さんがお勧めの食材をたらふく食べてみたいなあ。

(日本一かどうかは、他の地区でいただいていませんので分かりませんが)

『萬来園』は、僕も東京一の中華料理店だと思いますよ。

『食べ倶楽部』at「スリオラ」

2011年10月09日(日)

SNSのfacebookで『食べ倶楽部』を主宰しています。

一人ではなかなかレストランに行く機会が無いという皆さんを僕の好きな店にお連れし、

僕が応援している「野菜」も、シェフに使っていただいて、食材の持つ力を確かめてみたい・・・

『食べ倶楽部』で、産地とシェフを結ぶ役割も果たしたいと考えています。

 

s-img_0399

 

今回は麻布十番のモダン・スパニッシュ「スリオラ」。

今年開店した店では、僕が一番多く通っている店。

『食べ倶楽部』のお客様もシェフの本多誠一さんも「全員」facebookの友達です。

 

s-img_0374

 

チュロスとチョリソベジョータ

ランチタイムですが、ワインと食事込みで1万2千円で、特別メニューを本多シェフに考えていただきました。

 

s-img_0376

 

カンタブリア産アンチョビと金粉粉のクレープ、季節の野菜をクリームシェリーの香りで

 オリーブ・オイルをさらっとかけて、もう一つ味わい深く。

s-img_0380

 

フォアグラのブランチャ ここに生ハムの香る温かいレタスのスープを注ぎます。

青森からのハーブたち。

ランチ・タイムらしい爽やかさです。

 

 s-img_0383

 

金目鯛のオーブン焼き インカの目覚め アホブランコ 万願寺唐辛子を添えて

 低温調理で身を柔らかく・・・

 

 s-img_0390

 

宮崎県産牛イチボ肉のブランチャ ジャガイモのミルフィーユを黒オリーブ パプリカ

それぞれの味で。

ここで登場、徳島「丸浅苑」の「ちいたけ」。

まぶして、2つの色と味わい。

「キラっと光る脇役」です。

 

 s-img_0387

 

メインに合わせるワインは事前に持ち込ませていただきました。

今、スペインで最も注目される造り手の一人、ラウル・ペレス

この「ウルトレイア・デ・バルトゥイエ2007」はパーカー氏が主宰するWA誌で

2007年産スペインワインの最高点98+の評価。

メンシアというスペイン固有の品種。

穏やかな酸が長く続き、エレガントな味わい。

今は暫定の98+ですが、熟成させると100点がつくのではないでしょうか。

 

 s-img_0392 

 

アロスカルドソは定番の野菜たっぷりのスペイン風おじや、かと思いましたら、

本多シェフ、一番のスペシャリテ、というオマール海老を使ったもの。

これが最高!という声が上がりました。

 

s-img_0394

 

 

デザートも華やか!

ねっとりとしたチョコ、オレンジのエスプーマと、ほろ苦いコーヒーのグラニテ。

 

 s-img_0397

 

実は先週も打ち合わせのためお店にうかがいました。

そのメニューがとても美味しかったので、これでいいかな?と思ったのですが、

本多シェフは全て変えてくださいました。

「とにかく、いっぱい召し上がっていただきたい料理があるんですよ」とおっしゃる本多シェフ。

最後に、「笑って!」と言うと、やっと表情を緩めてくださいました。

 

 s-img_0405

 

お客様を紹介したいと、皆さんをお連れしたのですが、こんなお値段でやっていただき、

本多シェフには、また借りができてしまいました。

釜石市の「宝来館」女将 岩崎昭子さんを東京にお招きして、お話とディナーの会を開きます。

岩崎さんは大震災の大津波で、近所の人たちを助けようと大声で避難を呼び掛け、

ご本人も間一髪、旅館の裏山にかけのぼり助かりました。

津波が迫り、岩崎さんが避難されるまでの映像はテレビでも紹介され大きな反響を呼びました。

 

s-img_0008

 

岩崎さんの「宝来館」も1,2階が水に浸かりましたが、

被災を免れたスペースは近所の人の避難所に開放、地域のリーダー的存在として

これまで被災地の情報を発信して来られました。

 

s-img_9983

 

今回は自由が丘ワインスクールの永野寿子さんと僕が主宰する「旅倶楽部」で、

岩崎昭子さんをお迎えし、「被災地の今」を語っていただく場を設けました。

たくさんの方のご参加をお待ちしています。

いつか、皆さんで釜石の「宝来館」を訪ねたいですね。

 

 

10月21日(金)  19時から(受付 18時30分) 

            19時から19時45分   「被災地の今」 釜石市「宝来館」 岩崎昭子さん   

                                      聞き手 宮川俊二

                            自由が丘ワインスクール教室にて

            20時から22時30分  岩崎さんを囲むディナー会

                           ロティスリー「ラ・レガラード」でフレンチ、コース料理とワイン

 

            会費 1万2千円 (うち2千円は支援金に充てさせていただきます)

            「ロティスリー ラ・レガラード」

            世田谷区奥沢2-11-8

 

            参加申し込みは、直接、「ラ・レガラード」にお電話ください。

            03-3723-5414

 

s-img_9949

カラオケ採点マシーンでプロの本家本元の歌手と対決するテレビ東京の番組。

プロに勝てる訳がないでしょ!

本家が良いに決まってる!

でも、これが、マシーンでの対決となると、けっこう面白いことになるのです。

 

 s-p9130051

 

使われる採点マシーンは第一興商の「精密採点DX」というソフト。

採点マシーンもどんどん進化しています。

基本は音程ですが、最新の「精密採点DX」はロングトーン、ビブラートなど表現力も評価します。

これまでは音程重視で音を外すと減点されるだけだったのに対し、良い響きには+評価もしてくれるのです。

でも、やはり、基本は譜面。

カラオケ画面の上には、譜面通りの音、譜割りで歌えているか、表示されます。

そして、良い響きには☆のマークも。

 

 s-p8239956

 

しっかり研究して収録前のリハーサル。

僕の相手は堀内孝雄さん、曲は「遠くで汽笛を聞きながら」。

名曲ですが、2オクターブの音域が必要で、なかなかの難曲。

 

s-p9130054

 

歌自慢のタレント、歌手が本家と対決。

僕だけ異質なアナウンサー(笑)。

こちらは負けて元々ですが、受けてたつ本家はプレッシャーでしょうね。

果たして僕は堀内孝雄さんに勝てるのか・・・

 

「カラオケ・バトルⅦ」  10月2日(日) 19:00~21:48

テレビ東京系列で!


ページの先頭へ