キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

2013 年 11 月のアーカイブ

一度行ってみたいと思っていた山形県鶴岡市の『アルケッチャーノ』。

たまたま鶴岡市でのロケ取材が日中で終わるという幸運に恵まれ、これは行かねば!

地産地消のモデル・ケース。

奥田政行シェフの料理をいただこうと、わざわざ飛行機で駆けつけるお客様も多数という

ここは、地方都市で最も成功した店と言ってもいいでしょう。

鶴岡駅前からタクシーで2000円くらい、

元々は奥田シェフのお父様が経営されていたドライブインだそうです。

s-img_7533

初めての、お一人様フルコース体験。

せっかくですから一番高い1万円のコースをお願いしました。

s-img_75351

ワラサと月の雫のお塩

サービススタッフは皆さん若く、感じの良い方々、素朴でいいですねえ。

料理について「いかがですか?」と聞かれましたが、オイルと塩だけですので

「シンプルですね」としか言えません。

s-img_75362

ホウボウのセビーチェとセロリ

ちょっと塩が足りないかな?と思ったら、テーブルに塩、胡椒も置いてありました!

s-img_75381

タラの胃袋とトマトの冷たいカッペリーニ

写真で見るとキレイですが、これは塩が要ります!

s-img_75401

車海老と赤ワイン漬けラッキョウとグレープ・フルーツ

車海老はもっとカリッと揚げて欲しいかな?

s-img_75421

ノドグロのソテーと長いも

ワインは月山ワインという地元のものを。

地元ワインを大切にされるのは素晴らしいことです。

ただ、料理のインパクトが弱いので、ワインはイタリアものの方が合うように思い、

イタリアのシャルドネに変えました。

s-img_7544

白子とカブ、庄内米「はえぬき」のリゾット

満席の後ろのほうから「白子!」と悲鳴のような声が上がっていました(^<^)

この時季、白子ですよね~。

s-img_75461

鯛と鳥海山の水 「みず」の実添え

これが奥田シェフのスペシャリテの一つだそうです。

魚の身を塩だけで水から炊いていきます。

半分は鯛の出汁と薄い塩味のスープで食べ、

残りは山菜の「みず」の実をスープに入れて・・・ということ。

この哲学的な?料理、苦戦しました。

なにしろ、味が無い、いや、百歩譲っても味が薄いですし、「みず」の実も特に味がありません。

s-img_7549

地鶏と地豆 自家製パスタ「フレーグラ」

地鶏の脂が気になり、半分くらいでギブアップしました。

幸いなことに?早くも次の料理が出てきましたので。

しかし、1万円のコースで、お客が食べるスピードを無視して料理を出す店がありますかねえ。

s-img_75511

フォアグラのソテーとイチジク

s-img_7553

丸山さんの羊のローストと糸カボチャのマリネ。

s-img_7556

ここで、また食べ終わらないうちに、次のグラタン料理が出てきました。

s-img_7557

ラフランスのブリュレ ミルクジェラート添え

s-img_75611

手書きのメニューの最後に「東京から、ありがとうございました」と書き添えてありました。

本当に一所懸命のサービススタッフです。

でも、この店、どう受け止めたら良いのでしょう。

料理は奥田シェフがいらっしゃらないのだろうなと思いましたら、やはり、北海道に行っておられるのだとか。

今は支店や監修される店が全国にあり、イベントにも呼ばれ、奥田シェフは大忙しです。

でも、本店の味をちゃんと守れるスタッフが育っていないと、わざわざ飛行機でこられた方は

がっかりされると思います。

この辺りのことをfacebookに書きますと、奥田シェフがいらしても、

ビミョーな料理は変わらない、という人が何人も。

マスコミが持ち上げただけで、奥田シェフの料理自体はそれほどのものではない、と言われます。

また、料理やサービスについて、僕がいつも賛同している、ある方からは、

「そもそもビジネスモデルが違うのではないか」と指摘されました。

地域の食材を見出して、料理を通した町起こしをした意義は大きく、これを運動体として全国に伝えたことに

奥田さんの業績があるのであって、「あくまで皿の上で」というのは、期待される処が違うと言うのです。

持ち上げたマスコミもいけないし、それを信じて、わざわざ出かけてくる方もくる方だ・・・

そうは言われてもねえ。

東北の被災地を毎週のように慰問されるという奥田シェフ、素晴らしいと思います。

けれど・・・

みぞれ混じりの雨の中、傘をさしかけてタクシーまで案内してくれる可愛い女性スタッフに、

ただ「ありがとう」と曖昧な微笑を送るのみでした。

ワイングラスを楽しむ

2013年11月24日(日)

フランス、シャンパーニュ地方のグラス・メーカー『ラ・マルヌ社』のグラスにスポットを当てた食事会。

薄いけれど割れにくい、そしてシャンパーニュ地方で鍛えられたフォルムのセンス。

家ではショットツヴィーゼル社のグラスを使っていますが、割れにくいのなら断然、こちらを使いたくなります。

s-pb167511

一番左がグラン・シャンパーニュという大きなシャンパン・グラス。

シャンパーニュを白ワインのように飲んで欲しいという注文がありますが、そんな時に最適。

改めて、グラスによるワインの味わいの違いを感じることができます。

場所を提供されたのが中国料理の名店『中国飯店 三田店

s-pb1675011

わおっ!上海蟹!

本場、上海でコース料理をいただきましたが、残念な料理に、崩壊したサービス、

ていうか、サービスという観念も無いような(~_~;)

こちらが何を食べていようが、出来た料理をどんどんテーブルに並べていくのですから(`・ω・´)

s-pb1675031

蟹で苦手なのは、身を取り出すこと。

特に上海蟹はやっかいですよね。

でも、こちらでは、この通り!

s-pb1675041

細い手足からも、身を取り出していただき・・・

殿様気分?(^<^)

s-pb1675051

s-pb167506

北京ダックも?

ワイン込み1万5千円の会費で大丈夫?

s-pb167507

北京ダックも、この通り!

s-pb167510

s-pb1675121

s-pb1675131

上海蟹の味噌スープに細めん。

これ、旨い!

s-pb1675141

マンゴーのデザートも文句無し!

s-pb1675161

合わせたワインとシャンパーニュはご覧の通り。

『中国飯店 三田店』には、中条さんという腕の良いソムリエさんがいらっしゃいます。

グラスに合わせて、いろいろ出してくださいましたが、やはり、シャンパーニュがどの皿にも合うみたい。

s-pb1675171

旬の上海蟹もいただき、

改めて、上海蟹は日本で食べるのが一番、を実感!

グラスも買い足そうかな?

ミシュランのレストランガイドは、元々ドライブで、わざわざ出かけたくなるような店を紹介するもの。

であれば、丹波篠山の『ろあん松田』こそ、ミシュランの星に相応しい店です。

関東に住んでいるとなかなか馴染みがないのですが、

関西の食通の間では知らない人がいないくらいの名店。

高速道路が出来て、大阪、神戸、京都からいずれも1時間ちょっとで丹波篠山に。

そこから丸山という集落まで山道を20分。

日本の原風景のような住居に到着します。

s-pb097442

待合の土間。

これから山里では、火鉢の温もりも欲しくなりますね。

s-pb097443

お部屋は人数によって分かれています。

s-pb097463

蕎麦懐石のコース料理をいただきますが、

お茶ひとつとっても丹波篠山ならでは、黒豆入り。

s-pb097445

イタリアンでいうとグリッシーニでしょうが、

こちらではもちろん蕎麦粉で。

s-pb097446

微かな梅の味わい。

s-pb097449

今回は丹波篠山の歯科医師、多幡先生のセッティングで、

カリフォルニアでワイン造りをされている杉本隆英さんのシャトー・イガイ・タカハの新ビンテージを。

s-pb097448

漢字シリーズはカリフォルニア有数の醸造家グレッグ・ブリュワー氏の手によるもの。

これまでダイアトムというブランドで出され、漫画『神の雫』で取り上げられると瞬く間に完売になりました。

その漢字シリーズが今回から杉本さんのイガイ・タカハのワインとしてリリースされることに。

杉本さんの説明にカメラを向ける、僕の関西の友人たち。

ラベルの「美夜」と「波紋」は杉本さんの奥様、美代子さんの書。

「侍」は杉本さんです。

味のある書ですね!

s-pb097451

『ろあん松田』さんでは、近くの山里から木の実や野菜を採ってこられます。

まさに「ここしか」無い、もの。

s-pb097452

鹿が増え続け、一部は保護の対象から外され、あえなく・・・。

美味です。

s-pb097453

蕎麦の海苔包み。

食感のしっかりした蕎麦ならでは。

海苔のパリパリと蕎麦のシャキシャキ。

s-pb0974551

お餅のように見えるのは、そばがき。

正に、もっちり。

s-pb0974561

茹で上がりを、さっと。

s-pb0974581

メインの蕎麦は、山かけか、辛味大根。

僕は、大根をチョイス。

s-pb0974601

丹波篠山といえば・・・栗でしょ!

s-pb097462

大将の松田さん、脱サラをして神戸などで蕎麦打ちをされていたそうですが、

限界集落の再生プロジェクトに協力して丸山地区へ。

元々、蕎麦には定評がありましたが、こちらで山野草を取り込んだ日本料理も研究され、

昨年、ミシュランの星を取り、名実ともに、日本でも指折りの名店となりました。

s-pb0974641

お母様、奥様、息子さん夫婦、娘さんと、松田さんのご一家が家族で支えるお店。

帰りに、家の前の柿の実を枝付きで、皆さんに持たせてくださいました。

s-pb097468

東京からでも「わざわざ出かけたい」、

口も心も幸せになる『ろあん松田』さんです。

Ch.Igai Takahaのワイン会

2013年11月12日(火)

カリフォルニアでワイン造りをされている杉本隆英さんご夫妻のワインと

東京ベイコート倶楽部』のレストラン『マル・ダ・ムール』宮崎修シェフのマリアージュ会、

最高級のアーバンリゾートに漫画『神の雫』で爆発的に売れた『ワインライフ社』の

ワインとの組み合わせ、実にゴージャスな宵となりました。

杉本さんのワインは家紋の「違い鷹羽」からCh.Igai Takahaと名付け、

ワインメーカーはカリフォルニで人気、実力とも最高クラスのグレッグ・ブリュワー氏、

和食の繊細さにインスピレーションを受け、自らのワインに漢字を採用、

杉本さんの奥様、美代子さんの書がラベルに使われ、注目を集めることになりました。

s-pb077434

僕が持っている「美夜(みや)」、美代子さんの「園」は美代子さんの書、

ご主人の隆英さんも負けじと?「侍」を揮毫されました。

シャルドネ3種類は2012年ものがリリースされたばかり。

s-pb077420

リゾートトラスト社が全国に展開されるリゾートホテルの中でも東京、台場の『東京ベイコート倶楽部』は

最高クラス、最上階の部屋のタイムシェアは年間24泊で4000万円台!

ただ、ありがたいことにレストランは会員以外も利用できるようになっています。

宮崎シェフのシーザース・サラダ、テーブルにサービスされた後、

シェフ自ら白トリュフをたっぷりと擦りおろしてくださいました。

s-pb077421

季節のポルチーニ茸もオーソドックスに。

『ベージュ東京』などで腕をふるわれた宮崎シェフ、

文字通り、日本の富裕層が集うレストランで王道フレンチです。

s-pb077423

小食の僕は少しずつセーブさせていただき(~_~;)

でも、外国人の皆さんは、これくらいガッツリですね。

s-pb077424

杉本さんのカリフォルニア・ワインとのマリアージュ、

メインのピノ・ノワール『園』には肉ですが・・・

ハンバーガーのスタイルで!

s-pb077427

更に、寿司まで!

ドラゴンビューティーというカベルネソーヴィニオンには肉の握り寿司ときました。

フレンチですが「おもてなし」のアーバン・リゾートではお客様の立場に立ってなんでも・・・

ということでしょう。

s-pb077429

泡にシャルドネ3種類、ピノとカベルネ。

s-pb077432

オープン以来5年、お台場にこんな豪華なタイムシェアのリゾートを作って買う人がいるのだろうか、

そんな心配は無用でした。

既に全室売り切れ!

そこで安心して「空いていたら、考えても良かったんだけど・・・」と発言すると、

同席されていたリゾートトラスト社の方が、さっと名刺を持って来られました(~_~;)

自分の住宅さえ心配ですのに・・・

僕は一般開放のレストランで充分満足でございます(^<^)

愛媛の酒と3ツ星シェフ

2013年11月08日(金)

産品をどうブランディングするか、どの地域でも皆さんの懸案です。

一つの方法は、超一流のブランドとタイアップすること、

その中で得たノウハウを産品にフィードバックさせることです。

僕の故郷、愛媛県の酒蔵の皆さんが、やってくださいました~!

何と、スペインの3ツ星『サンパウ』のシェフ、カルメさんの料理とのマリアージュ会を開かれたのです。

折から来日中のカルメさん、日本橋『サンパウ』で、ということになりますと

愛媛県人、行かねばなりません!

すると、乾杯の発声を頼まれてしまいました(~_~;)

s-pb067406

愛媛県の瀬戸内海、宇和海は「日本の地中海」?

地中海のイメージで各酒蔵がmar(マール)という共通ブランドで酒造り。

今回は8つの造り手の酒が参加。

s-pb067415

さて、三ツ星シェフのモダン・スパニッシュに愛媛のお酒が合いますか・・・

s-pb067395

和の雰囲気、ピンチョスを一口で。

繊細な料理に日本酒はピッタリ。

s-pb067396

4種類の前菜。

s-pb067398

これは今年いただいた料理の中でベストかもしれません!

オマール海老にライム、レモンを搾ったレチェ・デ・ティグレのエスプーマ。

塩味の野菜、アイスプラントで自然な塩分、インゲン。

オマール海老には微かにコリアンダーの香り。

愛媛の酒は全体に甘い傾向がありますが、酸味のしっかりしたエスプーマのソースを

オマール海老に絡めながら・・・

これは唸ってしまいます!

s-pb067402

ヤリイカ2013

ヤリイカの詰め物、今年のヴァージョンはズッキーニ、トマト、葉ニンニクを。

何かスパイシーなものも詰まると僕の好みになるのですが(^<^)

ソースはイカのゲソから。

s-pb067408

アマダイ、カレーソース

皮をカリッと揚げて香ばしく。

s-pb067410

和牛の頬肉。

よく煮込んで柔らかく。

40人の大きなパーティーですから、同時にサービスするには煮込みが正解ですね。

パイナップルのチャツネソース。

こってり頬肉とさっぱりしたパイナップル、美味しいです。

s-pb067412

各種のチーズ・・・この辺りになると日本酒とのマリアージュは難しいかな?(^<^)

s-pb067414

フランボワーズ

ヨーグルトとバルサミコのアイスクリーム

お代わりが欲しくなりますね。

s-pb067416

小菓子8種類。

女性シェフの感性が生きています。

s-pb067418

酒造組合の皆さんは、来年の1月にはスペインの本店にもお出かけになって

マリアージュ会をされるとか。

日本酒の国際化に故郷の酒蔵が挑む・・・誇らしいことです。


ページの先頭へ