キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

セガン・マニュエルのメーカーズディナー

2015年07月20日(月)

シャトーレストラン・ジョエルロブションのシェフ・ソムリエ信国さんから

ブルゴーニュ、期待の新星のメーカーズ・ディナーへお誘いがありました。

信国さんの会は参加者募集のお知らせがあると、またたく間に満席になります。

3つ星レストランで名門、注目ワイナリーのワインやシャンパーニュを頂きながら

オーナーや造り手から直接お話しが伺えるのですから、その人気もやむを得ません。

今回は「ブルゴーニュの珠玉」と讃えられた老舗メゾンを継承した注目の造り手、

ということで、何をおいても駆けつけなければ!

「セガン・マニュエル」を10年前に継承したティボー・マリオンさん。

と言ってもブルゴーニュ好きの僕でもピンとこないのです・・・(-_-;)

「セガン・マニュエル」は190年前にサヴィニレボーヌ村で創業した老舗、

長く沈滞を続けたメゾンを、ボーヌで10代続く名門の御曹司が継承して

今、注目を集めている・・・という次第。

2009年には最優秀若手醸造家にも選ばれたティボーさん。

ブルゴーニュと言えば「農家」という感じの造り手が多いのですが、

名門の御子息らしい品格を感じますね。

s-p7070209

元々、サヴィニレボーヌが中心のメゾンですが、徐々に土地を購入。

醸造ワインの構成にコルトン・シャルルマーニュ、ムルソー、

ピュリニー・モンラッシェ、ニュイサンジョルジュ、ヴォーヌ・ロマネと

1級、グランクリュの畑を加えています。

また、オーガニック農法への転換も図り、短期間にクオリティーと

ブランド力を高めている注目のドメーヌなのです。

僕は白ワインのコルトン・シャルルマーニュとムルソーに卓越したものを

感じました。

値段がさらに上がる前に、購入をお薦めします。

s-p7070206

サヴィニレボーヌに合わせて。

レモン、バニラ風味のジュレにし、アニスの香るクレームと。

s-p7070199

卵、半熟に加熱し、ほうれん草と24か月熟成のコンテチーズの

ムースリーヌをのせて~

半熟卵をスプーンで割って、とろ~り・・・旨いですよ!

s-p7070200

ブラック・コッド 香り高くキャラメリゼし、ワサビ風味のチンゲン菜と

オリエンタル・シヴェソース。

s-p7070202

鴨、チェリーのジュビレとアーモンドを添えて

s-p7070205

こんな料理をいただきながら造り手のお話を直接伺える贅沢。

皆さんにお知らせする前に席が埋まってしまうのが残念です。

s-p7070211


ページの先頭へ