キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

今、一押し「ル・スプートニク」

2015年09月03日(木)

フランス料理界で、久々、楽しみな店ができました。

六本木「ル・スプートニク」。

新店と言ってもシェフの高橋雄二郎さんは恵比寿「ル・ジュドゥラシェット」で

ミシュラン1つ星を維持し続けた注目の若手シェフ。

コストパフォーマンスを考えると今、一押しのフレンチと言えるでしょう。

これだけの皿数、クオリティ、ワインの組み合わせで一人2万円で食べられる店は

そうそうありません。

s-p8140486

高橋シェフのお得意、蕪の泡と柑橘でマリネした・・・中身はホタテ!

もちろんシャンパーニュと合わせて。

s-p8140453

生ハムとバゲット

さて、ここでお気づきのようにテーブルクロスがありません。

これはお店の基本スタンスで、なるべくコストをお客様にかけたくない、

ということのようです。

僕はクロスがあった方が良いと思い、申し上げました。

クロス代、いくらでしょう?

それくらいのお金をかけるべきクオリティの料理なんです。

s-p8140455

14~5種類の料理、ざっとご覧いただきましょう。

初老の身(笑)、最後まで到達できるか、いささか不安な皿数です。

s-p8140457

枝豆のチュロス。

ちょっとした演出ですね。

s-p8140458

驚き!

オマール海老のジュレ!

マンゴーのエスプーマ。

美味しいです。

s-p8140461

これもビジュアル的に楽しめますね。

s-p8140464

鮎は頭まで食べます。

皿を見ると、骨ばかりじゃないか!と思えますが(笑)

身はジャガイモのチュイルで包んで、骨の出汁からとったソース、ヴルーテ。

ポタージュ仕立てになっています。

見て良し、食べて旨し!

s-p8140465

s-p8140468

先ほどのテーブルクロスと並んで僕がご意見を申し上げたのが

ワインのマリアージュ・コース。

お客様の負担を考えて、リーズナブルなものということですが、

料理のクオリティと差があり過ぎました。

そこで、分かりやすく「もう少し高くても大丈夫ですから、美味しいものを!」

ここもお店の方針ですから、難しいですが、お値段をそのままにされるのであれば

世界中のリーズナブルなワインで、軽く抜き、メインはド~ンと、

メリハリをつけられることですね。

s-p8140469

これも絶品!

炭火で炙ったヤリイカと鱧。

ズッキーニで包んだ鱧のムース。

スープは鱧の骨からとったもの、そこに柚子胡椒。

これは旨いに決まっています!

s-p8140470

s-p8140473

s-p8140479

s-p8140483

さすがにデザートではダウン(-_-;)

チョコレートと抹茶のソルベ。

s-p8140485

さてさて、オーナーシェフの高橋さん、テーブルクロスやワイン、

どうされますか。

勿論、この料理で、このお値段、嬉しいのですが、もうちょっと

高くしても良いのではないか・・・

普通、高すぎる!と、文句を言いたくなる店が多いのですが、

ここはちょっと珍しい(笑)

今度はランチにお邪魔してみます。


ページの先頭へ