キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

行きつけの焼肉店

2010年03月30日(火)

フレンチやイタリアンは色々なお店にうかがいますが、焼肉はいつも決まって中目黒の「深山」。

s-r0015844

キムチの辛さと旨みも、好き。

30代の元気の良い男女・・・というのが、この店のお客さんのイメージ。

僕は最年長かな?

最近は、分かりやすく、コース料理を始められました。

でも、僕は、いつものように適当に・・・と、お願いして、お腹が適当になればストップしていただきます。

s-r0015846

ほろほろ鶏、牛でも様々な部位、一人、一切れいただけるので飽きがきません。

目の前で肉の切り分けもやられる焼肉店は少ないです。

オーナーの高さんは肉の達人。

肉そのものの味を大切に、僕はほとんど塩でいただきます。

s-r0015845

「深山」特製のユッケは、外せません。

若い女性とおじさんが生肉を食べて・・・アヤシイ雰囲気。

s-r0015849

炭火でも排気がいいので、服に臭いがつきにくいのです。

深山さんはワインも豊富で、ちょっと個性的なラインナップは横浜君嶋屋さんのセレクションだと、

僕にはすぐに分かりました。

s-r0015850

炙り肉の寿司の旨さ・・・堪りません。

s-r0015848

飲食業界、苦戦する店が多い中で、いつもカッコイイ男女が集まる店「深山」。

中目黒の駅から、ちょっと分かりにくいところが、また「隠れ家」的でいいんでしょうね。

ちょっとした打ち合わせにも、「深山」は、「使える」焼肉店です。

s-r0015851


ページの先頭へ