キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

西麻布で気軽に日本料理

2009年06月13日(土)

今や僕のホームグランドとなった西麻布の1つ裏通り。

「日本料理 ふるけん

友人と待ち合わせて入ったところ、オーナーの顔に見覚えが。

「あれ?前にどこかの店でお会いしましたね」

「渋谷の食幹です」

「副料理長だった古川弘英さん!円満独立?」

「はい、もちろん」

そう言えば、入り口に「食幹」さんのショップカードが置いてありました。

s-r0015040

場所柄、30代のバリバリの男性が多く、店に元気があります。

今夜は単品で。

カウンターと分厚い天然木のテーブルで広々。

日本料理といっても自在に「洋」の食材を取り入れて。

s-r0015041

でも、よくある「創作○○」ではなく「本格」。

旬の鰹の刺身。

付け合せの味噌がミソ?

ちょっと「食幹」ぽいけど。(笑)

s-r0015042

豚肉も少しいただきました。

s-r0015043

ウナギの蒲焼に水菜や新鮮野菜

s-r0015044

銀杏にミモレット・チーズの組み合わせもいいですね。

s-r0015045

コース料理も6000円と安心価格の本格日本料理。

ランチは900円!

マグロのフライ定食。

s-r0014973

こんなデザートも付いて。

s-r0014974

僕はもう昼夜制覇!

開店して数ヶ月なのにとても賑わっています。

この辺りに出没するひとは美味しいものをよくご存知ですね。

s-r0015035


ページの先頭へ