キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

チイタケづくし

2009年06月17日(水)

四国、徳島の丸浅苑、湯浅さんが上京され、

「チイタケ」の名付けの親、ある中央機関の某さんをご紹介いただきました。

小さいシイタケなので・・・チイタケ(笑)

皆さん、面白いとおっしゃいますが、こんなエライ方が名付け親とは・・・

このチイタケを東京で、いち早くメニューに取り入れていただいている

新宿のトラットリア「ブリコッラ」に、オヤジ3人で。

北村シェフが、チイタケ生みの親、名付け親、育ての親(僕?)のため

まず、軽く蒸したチイタケとズッキーニにオリーブ・オイル。

シチリアのスパークリングで乾杯。

s-r0015058

チイタケとポロねぎのフリット。

中央奥にある茶色の塩は、湯浅さんが今、売り込み中の「茸塩」

シイタケの粉末を鳴門の海水に溶かし、乾燥させた天然塩。

使い道がいろいろで、ちょっとブレークしそうな予感です。

s-r0015059

自家製の平麺にチイタケとトマトのソース。

チイタケの良さは形が小さいのでカワイイ。

香りが強くないので、他の食材の邪魔をしない。

そして、美味しい!!

s-r0015060

リゾットもチイタケで。

軽く茸塩がふってあります。

これはうまいぞお!

s-r0015061

メインは、サービス・スタッフが

「チイタケに熟成肉を添えてみました」と。

熟成肉にチイタケを添えているのに、我々3人のオヤジに気を使ってくださって・・・

生みの親の湯浅さんは泣いて喜んでいましたよ。

s-r0015062

このチイタケ、まだ量産できないので一般には売り出されていません。

早く「野菜マルシェ」で扱ってほしいですね。

紫芋にサマートリュフ・・・3人の親はチイタケ君の東京での成長を見て、満足、満足。

s-r0015063


ページの先頭へ