キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

不思議なワイン

2011年03月30日(水)

自由が丘「ロティスリー ラ・レガラード」の長田支配人から凄いワインを見せていただきました。

長田さんが、被災されたワイン愛好家のセラー整理を手伝った際にいただいたものだそうです。

ブルゴーニュの神様・・・アンリ・ジャイエ、その至宝、ヴォーヌ・ロマネ、クロ・パラントゥー 1980!

 

 s-p3240268

 

あれ?でもちょっと変?

キャップもコルクもされたままなのに・・・

ボトルの半分、ワインが消え、中にプカプカ浮いているものが・・・コルク?

コルクが抜け落ちたところに、またコルクをして閉じ込めるなんてことがあるのでしょうか?!

キャップ・シールから吹き出しの跡も見えます。

何、これ?

 

 s-p3240266

 

もう一本はドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのりシュブール 1969年!

これにも、同じようにコルクが落ちているのに、またコルクとキャップシールがしっかりと。

こんな宣伝ディスプレイがあったとか?

無いでしょ?

  

まあ、単純に考えれば、偽物作りに失敗した、ということでしょう。

ワイン醸造の世界から引退し、今は幻のアンリ・ジャイエ、

その最高峰、クロ・パラントゥー 1980年、750mlで54万円とネット酒店には出ています。

それも、もし、手に入ればの話。

 

空きボトルに中身を詰めかえて売ってやれ!これは儲かるぞお・・・

しめしめ、うまくできた、さあ、コルクを打ち込んで・・・

わあ!いけない!!ボトルの中に入っちゃったあ!!!

 

s-p3240267

 

DRCのリシュブール1969年も同じくコルクが浮かんでいます。

液減りは3割くらい。

 

こうなると飲んでみたくなりますね。

ちょうど友人のS君が遅れて来店しました。

「さあ、これからアンリ・ジャイエとDRCを飲みますよ」

「え?クロ・パラを?今夜はそんな会だったんですか?」

きっと財布の中身が気になったことでしょう。

「安心してください。これは訳ありワインなんですから(笑)」

 

s-p32402601

 

右のグラスがクロ・パラントゥー、左がりシュブールです。

ともに枯葉に近い色。

 

s-p3290294

 

まず、アンリ・ジャイエ・・・グラスを近づけると微かにシェリー酒の香りがします。

厳かに、ふくむと・・・わあ!これ・・・マディラ酒??

随分、酸化していますねえ。

本当にジャイエ?

「厳しい状態でしたから・・・でも、微かにヴォーヌ・ロマネの面影はありませんか?」

と、長田さん。

 

りシュブール・・・これも酸化しています。

でも、ちょっとDRCさも残っているかな?

 

31年経ったクロ・パラントゥーと42年前のりシュブール。

きっと過酷な条件の中で生きてきたのでしょう。

これを偽物と決めつけては可哀そうです。

我が来し方を重ね合わせ・・・「お互い、ここまで、よく頑張ってきたよなあ」

ちょっと酸っぱいグラスを傾けるのでありました。

 

s-p32402611


ページの先頭へ