キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

鶴岡の食材はうめえっちゃ!

2011年09月22日(木)

NHK時代、初任地だったご縁で今もお付き合いが続いている山形県。

二回目の「鶴岡の食材を楽しむ会」にうかがいました。

等々力のトラットリア「ロアジ」さん。

佐藤幸雄シェフが「鶴岡ふるさと観光大使」として、生まれ故郷の食材を大いにPRされています。

 

s-img_0175

 

今回は鶴岡の6軒の酒蔵からご自慢の日本酒が寄せられ、イタリア料理とのマリアージュ。

最近は海外で人気の日本酒、イタリアンとも不思議に溶け合いました。

特に一番右の「竹の露 白露垂珠」は吟醸香がシェリーのよう、ついつい手を伸ばしてしまいました。

 

s-img_0171

 

由良港から直送された天然真鯛のカルパチョ。

海水のジュレで、まるで鯛が海を泳いでいる状態に。

 

s-img_0173

 

庄内豚フィレ肉のロースト ねぎとろツナソース

ピエモンテ州名物のツナソースにマグロを叩いてマヨネーズで和え、ねぎとろツナソースになりました。

 

s-img_0177

 

この季節、鶴岡と言えば・・・「だだちゃ豆」

コクのある豆は日本一。中でも白山だだちゃが一番。

今年は6月末の大雨にやられ収量が平年の3分の1だったそうです。

だだちゃ豆作りの名人、屋号が「治五左エ門」、石塚寛一さんの豆を

冷製スープにしていただきました。

こりゃあ、うめえちゃ!

 

s-img_0179

 

佐藤シェフのお得意料理「わたり蟹のリングイーネ」

これを目当てに、たくさんのお客様が詰めかけます。

もうちょっと、いただきたかった!(笑)

 

s-img_0181

 

地ダコのトマト煮

五十川(いらがわ)の海岸岩場で、シェフのイトコ、阿部洋さんが蛸壷でとって送ってくださったもの。

産地どころか、親族直送!

 

s-img_0185

 

庄内牛のステーキ ブルスカソース

先日の日本テレビ、「波瀾爆笑」という番組では、まいうー!の石塚英彦さんが常連さんとして登場。

お店で撮影され、佐藤シェフもキャラ全開で!登場されました。

その際、紹介されたひと皿。

脂身の少ない赤身肉、いくらでも食べられそう!

 

s-img_0190

 

庄内メロンのパンナコッタ だだちゃ豆のティラミスとともに。

 

s-img_0187

 

集まられたのは、鶴岡出身の皆さんだけでなく、

全く、縁もゆかりも無いとおっしゃりながら連続参加、ご近所の作家評論家、塩田丸男先生御夫妻。

佐藤シェフのお人柄に惹かれて、皆さん、いらっしゃいます。

旨いものがいっぱい!鶴岡の食材、もっともっとPRしたいですね。


ページの先頭へ