キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

絶景とカルト・ワイン

2011年09月30日(金)

色々、驚きのレストランでした。

リッツカールトン・ホテルの45階、その名も「フォーティーファイヴ」。

絶景です。

六本木の街の灯りに東京タワー。

 

s-p9270133

 

レストランの入口近くがアメリカン・グリル、奥がフレンチ。

正直、きょうび、こんな豪華な設えのレストランにお客様が入るのか、と思いました。

ところが、ウィークデーなのに、続々と・・・やがて満席に。

お値段はそれなりに高価です。

しかし、この景観、リッツ自慢の完璧なサービス、料理の質を考えますと、

非常に満足度の高いレストラン、と言えるでしょう。

 

s-p9270103

 

僕はカリフォルニア・ワインがお好きなドクターの秘蔵のワインを比較試飲する会に参加。

ウィリアムズ・セリエムという、ソノマ、ピノノワールの伝説的ワイナリーの垂直試飲。

けっこう、オタクの世界です。

料理はシェフがカリフォルニア・ワインにマリアージュさせてくださいました。

先ずは、お店からの差し入れ、ドンペリニヨンで乾杯。

ウィリアムズ・セリエムの01,97,96,91,89と遡っていったのでした。

 

s-p9270141

 

冷たい前菜

牡丹海老、トマトとビーツのクーリ、紫蘇、マンゴ柚子、ほのかなカレーオイル

 

s-p9270104

 

温かい前菜

フレッシュフォアグラのソテー 秋のフルーツ シトラスマーマレード トリュフソース

 

s-p9270107

 

冷製カボチャのスープ 蟹 パンプキンシード 旬の果物 

 

s-p9270109

 

天然スズキ アーモンドのロースト アンディーブ 赤ワインソース

 

s-p9270112

 

ちょっとお休みして

 

s-p9270117

 

ここでまたスペシャルなワイン、Hourglass merlot 2007

まだ若く強いワインですのでデキャンタージュしていただきます。

ソムリエの腕の見せ所。

美しい。

 

s-p9270123

 

カリフォルニアらしいショコラたっぷりのワイン。

 

s-p9270130

 

このマリアージュは難しいです。

ワインだけで美味しい!

無難にチーズですね。

 

s-p9270127

 

ボトルの持ち方、注ぎ方。

自由が丘ワイン・スクールの講師もされている久慈さんをお手本にされては?

 

s-p9270114

 

メインは鴨胸肉のロースト マッシュルームのピューレ 季節の茸

 

s-p9270119

 

ソノマ、ロシアンリバー地区に住むウィリアムズとセリエム、

幼馴染の二人が週末メーキングから始めたワインが世界の注目を集める「カルト」ワインの仲間入り。

1998年に売却され現在は別のオーナー、ワイン・メーカーです。

ドクターが用意された5本は、これを我々が感じ取れるかという、テストだったのかな?

歴史を知らないで飲んだ僕は01をとても美味しく感じ、でも、馴染みのカリ・ピノだと思いました。

売却前はブルゴーニュを目指し、現在は市場で人気のピノのスタイルになっているのですね。

出席した9人全員、同じ意見でしたから、ドクターの第一関門は通過!?

 

s-p9270116

 

世の中、不況とは言え、普通にリッツに泊まり、「食堂」として、このレストランを使われる方が

いっぱいいらっしゃいます。

また、この夜景は、大切な女性との距離を縮めてくれる妙薬かも?

ミシュラン3ツ星だった銀座の「ロオジェ」が改築中のためお休み、そのお客様が

都内に同格のレストランを求めて移動されているとも聞きます。

 

普段使いはできないにしても、何かの記念日に、いかがですか?

 

s-p9270142


ページの先頭へ