キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

伝統が生きる「シェ・松尾」

2011年10月27日(木)

松濤の「シェ・松尾」で取材を受けながら、ランチをいただけるという幸運に恵まれました。

能勢和英さんのあとを継がれたシェフがシェ松尾の伝統をきっちり守っていらっしゃいます。

オーナーの松尾さんも今は松濤で料理のチェック。

初めてお会いした松尾シェフのハンサムでいらしゃること!

そのオーラに圧倒されたのでした。

 

 s-img_0476

 

北海道産毛蟹とアボカドのタンバル

林檎のクーリーとオーガニックサラダとともに

ソムリエの田野さんがシャンパーニュ、アンリ・ジローのエスプリで合わせてくださいました。

 

 s-img_0477

 

フランス産エスカルゴとモリーユ茸のプティ・ポ  パセリ風味 シェ松尾嗜好

シェ松尾では是非召し上がっていただきたいひと皿!

 

 s-img_0480

 

マロンのヴルーテとフォアグラのコンポジション ルビーポルト酒のエッセンス

濃厚にしてエレガント、フランス料理の素晴らしさ、ですね

 

s-img_0483

 

鹿児島産真鯛のクレピネット包み エピス風味の赤ワインソース

イチジクと2種の葡萄のグラッセと共に

 

シャーベットでちょっとお休みして

でも、このフォルム、手を抜かれないですね。

 

s-img_04841 

 

ヴァンデ産仔鴨のロースト エピス風味の赤ワインソース

イチジクと2種の葡萄のグラッセとともに

仔鴨と葡萄、イチジクを少しずつ・・・爽やかにいただけます。

 

 s-img_0485

 

デザート、お皿のステンド・グラス風の模様もクリームやソースなんです。

食べるのが勿体ないくらい。

 

s-img_0488

 

シェ松尾、ちょっとハードルが高いと思われる方も、ランチですとお値段もそこそこ。

ゆったり緑を眺めながら午後のひとときを、いかがですか?

ここに松尾シェフが立たれると、それはそれは絵になりますよ。

 

s-img_0492


ページの先頭へ