キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

まさに「ナオキの部屋」

2011年10月31日(月)

最近、僕がよく出かけるのが麻布十番のイタリアン「ラパルタメント・ディ・ナオキ」。

横江直紀シェフが独立して今年1月に始められた店。

カウンターを挟んでナオキさんとお話しながらいたただくイタリアンは格別。

 

 s-pa220524

 

コースが6500円から。

カジュアルなワインにすれば1人1万円でいただける嬉しい店です。

お皿の周りに飛び散っているように見えるのはフォアグラ。

何か、失敗作かと思っちゃった(笑)

しっかりイタリアンの濃さ。

 

s-pa220525

 

ワインはほとんど1万円以下のカジュアルなワインですから、

料理の力に合わせ、マリアージュしたい時は持ち込みをお願いします。

今回はラ・リコルマの2007年。パーカー・ポイント96点でしたの持ち込み。

BBグラーツの白は9000円。

 

 s-pa220528

 

前にシェフをしていらした六本木の「ヴェロニカ」でも、こだわり野菜でした。

シンプルな料理は素材が一番。

 

s-pa220531

 

トリッパは、僕にはけっこう難しい食材ですが、これはカリカリ、

おこげが、また美味しいんです。

 

 s-pa220532

 

パスタは汐留の「ロッジア」の頃から好きだった、うどんのような食感の麺。

 

 s-pa220534

 

魚は表面をカリカリに逆立てる本格調理。

 

 s-pa220537

 

ブラッド・オレンジのグラニテでお休みして・・・

 

s-pa220538

 

でも、オジさんにはけっこうな量ですので、肉は少なめに。

 

 s-pa220539

 

それでも、デザートが、こんなアート風。

青森産ハーブ・ティーの生葉がまた素晴らしく。

 

s-pa220540

 

国際的デザイナー、橋本夕紀夫さんの店舗デザイン。

ナオキさんのファンですから、お友達価格でやってくださったそうです。

「ナオキの部屋」なら、シャワーが要るだろうと、トイレに付けたシャワー。

何故かピンク(笑)。

ただし、まだ、どなたも使ったことがないそうですよ。

 

s-pa220541

 

ナオキさんお一人でやっていらっしゃいますから、カウンター8人くらいが限界。

予約が取れないこともあります。

客とシェフがカウンターを挟んで、語り合いながら作り、食べる料理、これがすごく落ち着きます。

 

皆さんも「ナオキの部屋」へ、どうぞ。


ページの先頭へ