キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

100点ワインと3ツ星料理

2012年10月29日(月)

シャトーヌフ・デュ・パプの最高峰、シャトー・ド・ボーカステルの5代目当主がいらしてのディナー会。

3ツ星料理と南フランス最高の造り手のマリアージュ。

今夜も定員いっぱいの盛況。

先ずはロブションさんの定番。

特選生雲丹 甲殻類のジュレに滑らかなカリフラワーのクレーム。

s-pa184268

北海道産インカのめざめ マリネしカルパッチョ仕立てに

トマトコンフィと秋トリュフを添えて

s-pa184270

タスマニア産サーモンを低温でコンフィし、ブランダードをのせて赤ワインのエッセンス

ドライシャンピニオンのソースと。

s-pa184272

仔羊の肩ロース 乳酸菌入りマリナードでマリネしてブレゼ

ナバランの現代風仕上げに。

s-pa184275

プラリネ ムースの中にピシタチオを詰め

アプリコットのコンポートとフレッシュアーモンドのアイスクリームを添えて

s-pa184278

シャトー・ド・ボーカステルでは無農薬栽培、

ヌフ・デュ・パプで使用可能な13種類の葡萄をすべて栽培し、ブレンドしています。

ただし、その最高キュベ、オマージュ・ア・ジャック・ペランはムールヴェードル主体。

2007年はパーカー氏も「パーフェクト!」と100点満点。

ヌフ・デュ・パプのワインは13種類使っていいというところがクセモノ、

安いワインには、ちょっと飲みにくいものもありますね。

ボーカステルのワインは、赤ワインには相応しくない表現かもしれませんが、「清冽」。

料理と相性も最高です。

s-pa184279

主催者なのに、あまり顔を出されないシェフ・ソムリエの信国さんに、

「もっと顔を出してよ~」というと、照れていらっしゃるところ(^<^)

s-pa184280

ジョエル・ロブション総料理長のアランさん、ボーカステル5代目当主マルク・ペランさんと。

あれ?僕の友人、Sさんとアランさんの雰囲気が変だぞ~!

「あんた達、付き合ってるの?」

んな訳、ないっつーの。

s-pa184282

ワインとのマリアージュ会は、料理の品数が少なく、小食の僕には身体に優しいイベントです。

最高のワインとロブションの料理、

次回は皆さんもいかがですか?


ページの先頭へ