キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

ミャンマー食べ歩き(2)

2013年01月27日(日)

ミャンマー料理はどんな味なんでしょう。

『Padonmar』というレストラン。

s-img_5146

広い庭もあります。

今は日中が30度くらいですから快適。

s-img_5145

ガイドのタンさん曰く、ここが典型的な高級ミャンマー料理の店。

味は濃く、辛いです。

家庭では、もっと辛いんだそうですが。

タイ料理のような甘酸っぱさはありません。

ベトナム料理とインド料理、ややインド寄り、かな?

s-img_5134

お客さんは欧米人がほとんど。

まだ、日本人観光客は少ないですね。

1月末から、成田ーヤンゴンの直行便にエコノミークラスができますので、ぐっと観光客が増えるはず。

今はバンコクなどで乗り換えか、週3便、ANAのビジネスクラス専用機しかありません。

s-img_5137

味はこちらの方が日本人向き、としてお勧めの『ROYAL THAZIN』。

中華料理に近い、マイルドな味付け。

きっと、皆さんもお好みのはず。

s-img_5364

夜のお庭でいただきました。

夜は、長袖シャツくらいの爽やかさ。

s-img_5370

こちらで勧められたミャンマー・ワイン。

ミャンマーにワインが?

標高1400mの高原地帯、シャン州のタウンヂーという町には幾つかワイナリーがあるそうです。

そのレベルの高さにビックリ。

RED MOUNTAIN ESTATEはフランス人の醸造長。

相当、ワインに好い葡萄が採れるのでしょう。

こなれた味、ソーヴィニオンブランはミャンマー料理にぴったりです。

s-img_5368

ホテルのレストランはどの国もレベルの高い料理を出されますが、

こちら『PARK ROYAL』の『鳳凰閣』の中華料理はまた格別。

シンガポール資本で、ヤンゴンのベスト3に入るホテル。

s-img_5378

28米ドルで食べ放題のランチは、驚きの美味しさ。

シンガポールという国際都市、中国系の人が多い先進国で揉まれた味は最近のベスト中華です。

s-img_5375

海老が美味しい国ですね~!

何を食べても美味しい、この店、

ミャンマーらしくはありませんが、この値段で、最高の中華料理を食べられるのです。

数日の滞在では一度お訪ねいただきたいお店です。


ページの先頭へ