キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

ミャンマー点描

2013年01月29日(火)

ミャンマー、ヤンゴン観光の優位性は、何といってもパゴダが街の真ん中にあること。

寺院、寺塔は、裸足で参拝しなくてなりませんから、夕方がお勧め。

日中は足の裏が、アチチです。

そして、夕景の素晴らしさも。

シュエダゴォン・パゴダの夕暮れ。

s-img_5153

パゴダは僕達にとっては観光の場所ですが、

市民には信仰、参拝、お祈りの場。

ミャンマーでは生まれた曜日が重要。

曜日每にお参り、お祈りをします。

水曜は午前と午後に分かれ、週8日。

守ってくださる動物も異なります。

s-img_5183

夜のシュエダゴォン・パゴダ。

息を飲むばかり。

s-img_5202

湖の中央にもこんな輝く建物があります。

『カラウェイ・パレス』

s-img_5214

社会主義時代に建てられたもので、

今はミャンマー人の経営で、ショー付きのレストランになっています。

ヤンゴン観光で一度は必ず。

s-img_5215

王族衣装でお出迎え。

s-img_5216

同じ仏教国ですので、合掌もサマになってる?

s-img_5248

ステージが二つ。

ミャンマー伝統の舞踊、アトラクションを見ながら食事をします。

これは獅子舞ならぬ、象舞い?

ただし、この店の食事は、驚きの不味さ。

ガイドさんから、味は期待できないと、聞いていましたが、本当でした(;>_<;)

バイキングですから、美味しいものをうまく探してください。

s-img_5269

でも、こんな美女が迎えてくれますし、伝統の舞踊もここでしか見られません。

この女性の頬に塗ってあるのがタナカ(タナッカー)。

日焼け止め、美肌効果があるそうです。

s-img_5276

柑橘のタナカの樹皮を石板で擦ります。

この石板は一家に必ず一つは置いてあるそうですよ。

男性も小さい頃は母親が塗ってくれます。

s-img_5272

僕も、試しに。

s-img_5275

柑橘の香りが心地良く、

乾くと肌が引っ張られる感じ。

s-img_5314

フェリー乗り場で見かけたオバサンのタナカはダイナミック。

塗り方はその人のセンス次第ということですが、

オバサン、暑くて、見かけなんて、どうでもいい!

s-img_5287

ヤンゴン川を渡ると、普段の市民生活を垣間見ることができます。

s-img_5297

フェリーはいつも満員。

s-img_5304

川を渡るのに10分くらい。

s-img_5311

ミャンマーでは僧侶でなくても一生に一度は剃髪、

在家で出家しなくてはなりません。

文字通り3日坊主でもいいそうですが、必ず。

s-img_5300

フェリーの中は商売熱心な売り子さんの声で賑やか。

s-img_5302

西瓜にパイナップル。

s-img_5323

器用にバランスをとって。

s-img_5324

色彩が溢れています。

s-img_5352

僕もミャンマーの民族衣装「ロンヂー」を。

筒状の布。

ただ巻いて留めるだけ。

これに草履で、どこでもOK。

日本の夏にも、好いのでは?と3枚購入。

1枚300円。

s-img_53811

今回の旅の案内はミャンマー・コンパス・ツアーのタン・ラインさん。

ヤンゴン大学卒業のインテリ。

英語と日本語のガイドができます。

誠実な人柄、4日間ですっかり友だちになりました。

新しい発見のある旅、

ビジネスのリサーチも、

タンさんのガイドをご希望の方はフジトラベルまでどうぞ。


ページの先頭へ