キャスター宮川俊二のやさいな生活 - ちょっと粋なワイン&グルメブログ

ロブション氏の愛弟子のSUGA LABO

2015年06月27日(土)

ジョエル・ロブション氏の愛弟子、須賀洋介さんがパリから帰り、

若い有能なスタッフと「SUGA LABO」というレストランを始められました。

若くして六本木の「ラトリエ・ド・ジョエルロブション」からニューヨーク、

台北、パリなど各店の総料理長をロブション氏から任された人気、実力NO1のシェフ。

四月に、そろりオープンし、須賀シェフの友人、知人のみで試運転中。

早く一般公開して欲しいところですが、すでに7月も予約でいっぱい。

皆さんにご紹介できないのが残念です。

LABOは神谷町駅から数分、入口はありません。

勿論、ありますが(笑)サプライズですので、ヒントはこの写真だけにしておきましょう。

s-p6180502

遊び心が随所に。

s-p6180499

料理は2万円のコースだけ。

いくつものアミューズが次々。

s-p6180458

s-p6180459

s-p6180461

s-p6180462

淡路産 真央さんの新玉ねぎ。

須賀シェフはスタッフとともに日本全国、食材探しに飛び回っていらっしゃいます。

日本を離れて長くなりますから最新情報の収集が大切です。

s-p6180463

佐賀、玄界灘の真あじ。

深夜に予約を入れるとその日に届くのだそうです。

ウニにくるまって真あじ。

s-p6180466

北海道産ホワイトアスパラガス。

ちょっと塩味が足りないと思いましたが翌々日に行った人も同じ感想なので、

これがLABO風なのでしょう。

s-p6180469

ワインは1万2千円のマリアージュコース。

s-p61804701

玄界灘のアコウダイとアーティチョーク。

スープも美味しく、平らげました。

皿を舐めたいくらい(笑)

s-p6180477

合わせるワインはジュブレシャンベルタン。

あえて、赤にされたそうですが、ここで異論!

スープにも酸味がありますので、このジュブレシャンベルタンの酸がキツく

感じられます。

ここは素直に南フランス、酸の穏やかなルーサンヌ種を使った白ワインの方が

合うのではないかと、若いソムリエールと話合います。

花の香りもいっぱいのスープですから。

こんなところがカウンターLABOの楽しいところです。

s-p6180478

フランスなど各地で修業してきた若手シェフが見事なコラボレーション。

s-p6180483

佐賀 黒毛和牛ハラミ

炭火焼きはお好みの焼き方、僕はミディアムレアで。

s-p6180480

デザートは日本酒。

s-p6180484

千葉産ビワ。

s-p6180486

パティシエも意欲的。

このスフレ、絶品です。

s-p6180488

おまけもいただきました♬

s-p6180497

シェフの一人、薬師神さんは僕と同郷、愛媛県の野村町の出身。

応援します!

s-p6180500

目下、予約でいっぱいですが、皆さん、須賀シェフのファンばかり。

そろそろ、一般開放されて、口うるさいお客さんにもまれても好いころかな?

慣らし運転は上々です。


ページの先頭へ