TOP > シェフズレシピ > シェフズレシピ第1回:トンすい、カブとホタテのマリネ、万願寺唐辛子とベーコンのきんぴら

シェフズレシピ

一流レストランシェフや料理研究家たちが、野菜をおいしく食べるウラ技を大公開!

トンすい

肉すいと言うのが大阪にありますが、肉うどんのうどん抜きがお吸い物になってご飯のおかずなどに食べられるようになったと聞きます。やわらかくて美味しい九条ねぎで、リーズナブルな豚肉使ってトンすいを作ってみました。

トンすい
材料

(一人分)

九条ねぎ 60g
豚肉
(しゃぶしゃぶ用または
薄切り切り落とし)
120g
ダシ 300cc
薄口醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
適宜
すりゴマ 少々
七味唐辛子 少々
この野菜の詳細はこちら
作り方
だしは出来れば、カツオだしをとってください。大変であればお湯とカツオ顆粒だしのもとで300ccのダシを作ります。
醤油、みりん、塩で少々薄味に味を調えてから、豚肉にほんの軽く片栗粉を振りかけて沸いただし汁の中に入れていきます。
肉に火が通ったら、斜めに刻んだ九条を加えてすぐ火を消します。
器に盛り付けて、すりゴマと七味唐辛子を散らします。
カブとホタテのマリネ

春から夏にかけてのカブは生やお漬物にするととても瑞々しくて美味しいですよ。是非お試しあれ。

カブとホタテのマリネ
材料

(一人分)

カブ 2個
ホタテ缶 1個
フレンチドレッシング 大さじ1
塩、こしょう 少々
フレンチマスタード
(粒タイプ)
小さじ1
この野菜の詳細はこちら
作り方
ほたて缶の汁を切り、カブは葉を切り取らないで皮をむき、葉の部分を持ってからスライサーで薄くスライスする。(このようにすると最後まで手を切らずにスライスできる)
スライスしたカブに軽く塩をして塩もみして、水分を搾り出す。
フレンチドレッシングとフレンチマスタードとかぶとホタテをあえる。
軽くこしょうを振り、仕上げに茹でたカブの葉を刻んで添える。
万願寺唐辛子とベーコンのきんぴら

 

万願寺唐辛子とベーコンのきんぴら
材料

(一人分)

万願寺唐辛子 4.5本
ベーコン 30g
ごま油 大さじ1
乾燥にんにく  
めんつゆ
(ストレートタイプ)
大さじ4
ゴマ 少々
七味唐辛子 少々
この野菜の詳細はこちら
作り方
万願寺唐辛子は種を取り除き、5mmぐらいの輪切りに切り、ベーコンも食べやすい大きさに切る。
ごま油に乾燥にんにくを2,3枚細かく、つぶしてから油に入れて火をつけ香りが出たらベーコン、万願寺唐辛子の順番に炒める。
万願寺唐辛子がしんなりなってきたら、めんつゆを入れて汁けがなくなるまで中火で煮詰める。
汁けが無くなったら盛り付けて、ごま油、七味唐辛子をかける。
伊野 由布子
プロフィール

伊野 由布子
東京都内でワインと料理の教室を主宰。フランス・パリの料理学校で料理とワインを学ぶ。帰国後、ソムリエの資格を取得し、ワイン学校と調理師専門学校でワインと料理の講師を務める。

俺のつまみ。―居酒屋気分の小粋な肴101品
伊野由布子 著
1000円台で楽しめる逸品の酒を揃えた、銘柄紹介つき。ビール、焼酎、日本酒、ワイン… その日の酒に合わせて作れる、速攻つまみが101品!さて今日はどの組み合わせ?

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア


ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ