TOP > 野菜マルシェのやさいたち > 万願寺唐辛子(まんがんじとうがらし)

野菜マルシェのやさいたち

万願寺唐辛子(まんがんじとうがらし)万願寺唐辛子(まんがんじとうがらし)
野菜名 万願寺唐辛子(まんがんじとうがらし)
産地 京丹後市(京都府)
カテゴリー 京の伝統野菜野菜(京野菜第1号)
歴史 大正時代に京都府北部 舞鶴市にある万願寺地域で誕生した事から、「万願寺甘とう」という名がついたと言われてます。伏見唐辛子とピーマンの交配によって 生まれた野菜とも言われています。
収穫時期(旬) 6月末~10月ぐらいまで
特徴 肉厚でボリュームタップリのとうがらしです。柔らかく、ジャンボピーマンのような甘さと特有の風味があります。とうがらしの王様といわれています。
代表的な食べ方 シンプルに塩焼き・炒め物・肉の詰め物などに最適。 この料理のレシピを見る
保存方法 水気をよく拭き取ってからポリ袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室で保存するのが良いですが、買ってきたら1週間ほどで使い切るようにしてください。

写真協力:京都祐喜株式会社、永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋、京やさい料理帖より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ