TOP > 野菜マルシェのやさいたち > 京山科茄子(きょうやましななす)

野菜マルシェのやさいたち

野菜名 京山科茄子(きょうやましななす)
産地 京丹後市(京都府)
カテゴリー 京の伝統野菜野菜
歴史 一説では慶応年間に京都左京区吉田地区で栽培されていた小型のもぎ茄子を大型に改良したものといわれている、現在は京都市山科で多く栽培されている。
収穫時期(旬) 6月~9月
特徴 卵型種中なすに分類され、京都の郷土料理「なすとにしんの煮き合わせ」は、このなすを使ってとろりと煮上げる。住時は京都を代表するなすとして栽培も多かったが、現在ではわずかに栽培されているにすぎない。
代表的な食べ方 果皮が薄く歯ぎれが良いので煮物、焼きなす、漬物(ぬかみそ漬)に適しています。 この料理のレシピを見る
保存方法 水分が逃げないように1個ずつラップに包み、冷蔵庫の野菜室に。冷やしすぎるのもよくないので、必ず5度以下にならないように野菜室に入れてください。

写真協力:京都祐喜株式会社、永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋、京やさい料理帖より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ