TOP > 野菜マルシェのやさいたち > 京丹後与謝野 胡瓜(きゅうり)

野菜マルシェのやさいたち

京丹後与謝野 胡瓜(きゅうり)京丹後与謝野 胡瓜(きゅうり)
野菜名 京丹後与謝野 胡瓜(きゅうり)
産地 京丹後市(京都府)
カテゴリー 与謝野市 旬野菜
歴史 インドでは3000年前から栽培されていた。日本には、6世紀ごろに中国から伝えられましたが、本格的に栽培されるようになったのは17世紀以降です。昔は、きゅうりの切り口が葵のご紋に似ていることから、武士が恐れ多いと言って食べなかったとか。
収穫時期(旬) 6月~11月
特徴 京漬物店が揃って使用する御用達の京丹後胡瓜。 とくに注目して頂きたいのは肥料。当町には京豆腐工場(藤野様)がありそこから取り寄せた「おから」を始め、有効成分の高い「米ぬか」ミネラル豊富な日本海の「魚のあら」を独自の技術で発酵させた、丹後与謝野「胡瓜」です。
代表的な食べ方 サラダ・もろきゅう・酢の物・浅漬け、漬物
保存方法 保存するときは、水気をふき取りラップして冷蔵庫の野菜室に入れます。水分が多いので、冷えすぎると凍りやすく傷みが早いので気をつけてください。

写真協力:京都祐喜株式会社、永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋、京やさい料理帖より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ