TOP > 野菜マルシェのやさいたち > ミディトマト

野菜マルシェのやさいたち

野菜名 ミディトマト
産地 京丹後市(京都府)
カテゴリー 京都丹後の旬野菜
歴史 南米ペルーが原産で、日本には江戸時代に観賞用として伝わりました。食べるようになったのは100年ほど前からのこととか。意外と歴史は浅いようです。
収穫時期(旬) 6月中旬~1月下旬(夏が旬)
特徴 イタリアンの名シェフ御用達の京丹後ミディとまとは絶妙な味のバランスが最高に美味しい。
代表的な食べ方 サラダ・蒸し物・炒め物・ドライトマトに向く。
保存方法 パックのままヘタだけを取って冷蔵庫の野菜室で保存してください。

写真協力:京都祐喜株式会社、永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋、京やさい料理帖より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ