TOP > 野菜マルシェのやさいたち > 十六ささげ(じゅうろくささげ)

野菜マルシェのやさいたち

十六ささげ(じゅうろくささげ)
野菜名 十六ささげ(じゅうろくささげ)
産地 長野県
カテゴリー 信州の旬野菜(愛知・飛騨の伝統野菜)
歴史 栽培を始めた時期は不明ですが、大正時代以前といわれています。本格的に栽培され始めたのは昭和20年以降です。
収穫時期(旬) 7月後半~9月
特徴 さやの中に豆が16個あることから「十六ささげ」と名づけられたといいます。豆は熟すと赤褐色。 さやの長さは30~50cm。形はインゲンマメに似ていますが、柔らかいのが特徴です。
代表的な食べ方 食べ方としては、さやがまだ柔らかい状態で、さやごと食べるのが一般的であります。茹でたり、油炒め、煮物が多いですが、中でも茹でた場合、しょうが醤油との相性が抜群に良いです。タイ王国やラオスでは、刻んで生のままソムタムに加えます。豆を取り出しご飯と炊けば赤飯にもなります。 この料理のレシピを見る
保存方法 しなびやすいのでポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。たくさんあるときにはサッとかためにゆでて、冷凍しておくとすぐに利用できて便利です。ゆでるときは、まな板の上で塩ずりしてからゆで、湯から上げたら冷水にサッとさらすと色鮮やかになり、鮮やかな青みを生かして和え物やサラダ、バター炒めや付け合せなど、和洋中さまざまな料理に活躍してくれます。

写真協力:永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ