TOP > 野菜マルシェのやさいたち > アイコちゃん(ミディトマト)

野菜マルシェのやさいたち

アイコちゃん(ミディトマト)
野菜名 アイコちゃん(ミディトマト)
産地 長野県
カテゴリー 信州の旬野菜
歴史 日本にトマトが伝わったのは17世紀なかば。徳川四代将軍・家綱のおかかえ絵師・狩野探幽が「唐なすび」と呼び、1668年にスケッチしています。文献でもっとも古いものは、江戸前期の儒学者・貝原益軒の『大和本草』(1709年)で、「唐ガキ」と紹介されています。アイコ品種はミディトマトの品種です。

最初はヨーロッパ同様、観賞用として珍重されていました。食用になったのは明治以降。キャベツやたまねぎ、アスパラガス、にんじんなどの西洋野菜とともにあらためてヨーロッパやアメリカから導入されたのでした。
収穫時期(旬) 6月下旬~10月
特徴 ゼリー部が少なく、果肉が緻密でしっかりしているので、舌触りがとっても滑らか。中がよく詰まっているのは、おいしいトマトの証拠。味が濃く、うっとりするほどジューシィな甘さは、従来のトマトのイメージがくつがえるほどです。
代表的な食べ方 生食が一番甘さを実感できますが、トマトなのでどの様な調理法でもあいます。また加熱調理などにも幅広く利用できます。 この料理のレシピを見る
保存方法 冷蔵庫の野菜室に保存してください。なるべく早く食べましょう。

写真協力:永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ