TOP > 野菜マルシェのやさいたち > 京かんしょう(さつまいも)

野菜マルシェのやさいたち

京かんしょう(さつまいも)
野菜名 京かんしょう(さつまいも)
産地 京丹後市(京都府)
カテゴリー 京の伝統野菜野菜
歴史 日本に入ってきたのは16世紀初頭。土壌を選ばず、栽培しやすい作物であることから全国に広がり、京都では京丹後市で盛んに作られています。
収穫時期(旬) 9月~4月
特徴 高級和菓子に使用されます。土壌に砂を含む土地は特に水はけが良く栽培に適しています。品種は徳島県の鳴門金時と同じもので色・形の美しさや糖度の高さが好まれています。
代表的な食べ方 焼芋・大学芋・揚げ物など。 この料理のレシピを見る
保存方法 保存は、寒さに弱いので表面をよく乾かしたあと新聞紙等で包み、風とおし良いところに置きましょう。室内で保存する場合は、新聞紙でくるみ、冷蔵庫の上に置いておくと適温に保てます。

写真協力:京都祐喜株式会社、永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋、京やさい料理帖より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ