TOP > 野菜マルシェのやさいたち > 聖護院大根(しょうごいんだいこん)

野菜マルシェのやさいたち

聖護院大根(しょうごいんだいこん)
野菜名 聖護院大根(しょうごいんだいこん)
産地 京丹後市(京都府)
カテゴリー 京の伝統野菜野菜
歴史 文政年間、左京区聖護院に住んでい篤農家が尾張の国から譲りうけた長大根を栽培し、採種を続けるうちに丸型のものができ、品種として安定したといわれています。
収穫時期(旬) 11月下旬~2月
特徴 中丸みをおびた大根で、口に入れるととろけるような柔らかさでほんのりとした甘みが広がります。
代表的な食べ方 煮崩れをしないのでおでんや煮物に適しています。 この料理のレシピを見る
保存方法 葉付きのものは早めに根と葉を切り分けておきます。新聞紙に包み風通しの良いところに置いてください。

写真協力:京都祐喜株式会社、永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋、京やさい料理帖より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ