TOP > 野菜マルシェのやさいたち > 壬生菜(みぶな)

野菜マルシェのやさいたち

壬生菜(みぶな)
野菜名 壬生菜(みぶな)
産地 京丹後市(京都府)
カテゴリー 京の伝統野菜野菜
歴史 栽培の起源は18世紀年代から明治時代の東京では酒屋が得意先に配る歳暮に京壬菜が珍重されたそうです。
収穫時期(旬) 11月~4月
特徴 京のお漬物に欠かせない野菜の一つであろ、京水菜の自然交雑でできたと言われ、葉に切れ目がなく、細長いへらのような形をしているのが特徴です。ピリッとした辛みと香りが人気の秘密で、さっぱりとした口当たり。
代表的な食べ方 漬物・和えもの・炒め物・サラダ・パスタなど様々な料理に使えます。 この料理のレシピを見る
保存方法 新聞紙に包んで野菜室へ立てておいれください。

写真協力:京都祐喜株式会社、永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋、京やさい料理帖より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ