TOP > 野菜マルシェのやさいたち > 聖護院かぶら(しょうごいんかぶら)

野菜マルシェのやさいたち

聖護院かぶら(しょうごいんかぶら)
野菜名 聖護院かぶら(しょうごいんかぶら)
産地 京丹後市(京都府)
カテゴリー 京の伝統野菜野菜
歴史 享保年間に京都左京区聖護院の篤農家・伊勢屋利八が近江かぶの種子を持ち帰り栽培し、京都の風土に合うように改良したことで生まれました。
収穫時期(旬) 11月から2月
特徴 かぶ特有の風味に加え甘みがあり歯切れがいいのが特徴、また大きさは日本一と言われ直径20cm以上、重さは4キロにもなります。ふくよかな丸みと、白く艶やか表皮が目を引き、その美しさは「畑の宝石」ともいわれています。
代表的な食べ方 外皮と身の間の1cmは堅い繊維に覆われているので調理の際は皮を厚めにむいてください。スープ・漬物・サラダなど。
保存方法 葉付きのものは早めに葉と根を切り分けておきます。新聞紙に包み風通しのいいところにおいておきましょう。

写真協力:京都祐喜株式会社、永野 充
参考資料:自遊人野菜の基礎知識・とじ込付録伝統野菜辞典より抜粋、京やさい料理帖より抜粋

YASAI Marche ONLINE STORE 野菜マルシェオンラインストア
ページの先頭へ
会社情報特定商取引法に基づく表示会員規約ご利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ